2018-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲチリス・シリアリス

12290005_convert_20140119082914.jpg

これよりもっともっと毛深いゲチリスをネットで見かけました。
すっごいきれいで、必死に捜索中です。
今は何の手がかりもありません。
そんなのが楽しいです。
他にも知られていない、魅力的な球根がまだまだあります。

じぇじぇも何の手がかりもないところから初めて、
ついにゲットしたときには一気に苦労が報われました。
ほとんどの努力は無駄に終わります。

ゲットした後は種の保存、というと聞こえはいいですが、
めんどくさがりなだけで
育てたり増やしたりにはあまり熱が入りません。
スポンサーサイト

ゲチリス・リネアリス

06030001_convert_20130609091724.jpg
小型でクルクルで、
私の大好きなゲチリスのひとつです。

花は普通のゲチリスです。
特にコメントすることがありません。径4cmの6弁。

いい香りがあります。
これが何とも言葉にできません。
ソムリエの人たちが持っている表現力の豊かさには脱帽です。
かんきつ類とか、皮の匂いとか、
カッコつけて真似しようとしても、
何も言葉が思い浮かびません。
高級ワインにも縁がない、ただののん兵衛です。
甘い匂いではありません。

短命な花で、
なかなか2本が同時に咲いて交配というわけにはいきません。
普及させたい魅力的な植物です。
種によって開花期がどれだけ違うか、
来年はチェックしてみます。

ゲチリス・SP・ニーオルトビレ産

05060001_convert_20130510130849.jpg
相方からピンク花だって聞いていて、
咲くのを楽しみにしてた植物です。
GWで油断をしたすきに咲いて枯れてしまっていました。
残念・・・・ピンクは間違いなかったようです。
このはかなさが魅力のひとつでもあります。

来月にはこの相方が再度ニーウォルトビレからミッデルポスを
探索だそうで、結果報告を楽しみにしています。
あまり知られていない植物のホットスポットです。

先日のサボテン誌に書かれていた言葉がまだ頭から離れません。
ヨーグルトの裏蓋はヨーグルトが付かないように、
ハスの葉の表面を参考にして加工しているそうです。
クルクル葉っぱも表面に何か似たような工夫をしているはずです。
捕らえた霧が水になってコイルに沿って根元まで流れるように、
溝が彫ってあるように推測しています。
顕微鏡が欲しくなってきました。
プレパラートまでの熱意はないです。

エアコンのフィンは薄く枚数を多く、
表面積を大くした方が冷房効率は高くなります。
同じように葉っぱを薄く表面積を大きくすると、
夜間に霧は多くキャッチできますが、
昼間に水分の蒸散が激しくて、
砂漠では生き延びていけないでしょう。

葉っぱ自体を冷やしても霧を多く捕らえることができます。
エアコンのガスの代わりに、
冷えた水が植物体内を循環していると考えられなくもないです。

将来、クルクル葉っぱの表面や形を参考にした
効率の高いエアコンができるかもしれません。
すべてが直方体ではデザイン的にもアートしてないです。

ゲチリス・SP・ビードゥーパス産

04260001_convert_20130428093011.jpg

ゲチリスの花は葉っぱが枯れて、
何もないところから突然咲いて、
いつも驚かされます。
花は比較的大きいのですが、
この種はすごい小さいです。
径2.5cmほど。

香りは多分ないです。
ちょっと風邪気味で、よくわかりません。

ゲチリス・リネアリス

g linearis kamieskroon

ゲチリスで五指に入る私のお気に入りの種です。
小さな多くの植物群からなり、それぞれに遺伝的に固定しているそうです。
この中で狭い意味で細かく分けられて新種になるものもありそうです。

ただ、カミエスクルーンからのこの植物は普通のリネアリスと違いすぎていて、
本当のリネアリスかどうか怪しんでします。
多くの個体を見ていないせいかもしれません。
変異の幅は確認できていません。
クルクルにならないリネアリスの個体もあるようです。

この種もボルスさんの記載です。

«  | ホーム |  »

プロフィール

ひろし

Author:ひろし
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
アガベ (8)
ハオルチア (14)
ブルビネ (5)
ラウヒア (2)
レスノバ (1)
マッソニア (4)
トラキアンドラ (2)
アルブカ (8)
エリオスペルマム (17)
ゲチリス (12)
キルタンサス (6)
ブルンスビギア (6)
オキザリス (8)
ストルマリア (1)
ツーリパ (3)
ドリミオプシス (1)
クラッスラ (1)
STCの植物の育て方 (3)
ハエマンサス (5)
オーニソガラム (1)
レデボウリア (1)
パンクラチューム (1)

A

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。