FC2ブログ

2018-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#3

「一元さんお断り」が嫌です。
何様?って感じです。
こちらからお断りです。
もっとも、紹介してくれる人もいないのですが。

ヤフオクの落札者としても、
注意事項のやたら長いオクや
敷居の高いオクは読まないでスルーです。

で、STCの苗のヤフオクではなるべく大きく門戸を開けてあります。
でも正直なところをいうと、
あまり初心者には買って欲しくないです。
特に派手柄の苗は一見きれいですが、弱いのです。
手を出すのは青で慣れてからが無難です。
特にSTCの苗にこだわらなくても、
ハオルチアの出品はいくらでもあります。

先日の苦情は日陰に置いていたらしいので、
これが原因だとは思うのですが、
よくありがちな失敗です。
日光にはちゃんと当てたいです。
殺菌効果もあります。
ウイッテベルゲンシスやグラミニフォリアなど、
栽培の難しいハオルチアもありますが、
観賞価値の面から人気がなく、あまり流通していません。

このブログではSTCの苗の育て方に限ってお話ししました。
ハオルチアの一般的な育て方については
他の方のブログやホームページを参考にしてください。
スポンサーサイト

#2

実は私も数年前にはよく腐らせていました。
もっと自然環境に慣らしてから売ってくれって、
所長に噛み付いたことがあります。
十分慣らしているとは言っているのですが、
やはり普通より弱いです。
特にこの梅雨の時期には何もしないのに腐ることがあります。

所長からのアドバイスです。
長旅で弱っているので、
患者さんとしての扱い、その後のリハビリが必要になります。
まずはは用土です。
通常我々が使っている赤玉や鹿沼は使わないでください。
雑菌が多く、枯れる原因になります。

チャコボールという商品があります。
http://www.impack.co.jp/products/goods/sumi.html
STCでは植え込み材をこれに切り替えたそうで、
好調だそうです。
昨年の来日もこの会社からの招待でした。
私はランの植え込みに使っている軽石があったので、
これに切り替えて当時のような腐りはあまりなくなりました。

長旅で喉が乾いているようで、
すぐにでも水をたっぷりやりたいところですが、
我慢してください。
水は飲めません。

玉扇や万象の太いゴボウ根は栄養を蓄えるためのもので、
実際に水を吸収するのは毛根と呼ばれる極細い根っこです。
これは検疫の為に洗われてなくなっています。
アンカーとして単に土に固定するための道具と考えてください。
ハオルチアにとってあまり根は大切な器官ではなく、
根腐りしても元気なことがよくあります。
本当かどうか、アラクノイデアは乾季に根を落として、
転がって移動すると、本か雑誌でで読んだことがあります。
チランジアみたいです。

軽いスプレーは効果的です。多すぎないでください。
風が通っていることも重要です。
初めは極少量、点滴のように用土に水をやってください。
頭からはあげないでください。
それを徐々に増やしていってください。
多すぎるより少なすぎるほうが安全です。

このような管理をしなければいけないこと自体、
まだ自然環境に十分馴染んでないといえます。
所長と話すべきか否か迷います。
話すにしてもかなり慎重に言葉を選ばないと
険悪な雰囲気になりそうです。

※ 先日の仲間募集は中止にさせてください。
1年で時代は変わります。リスクが高すぎます。

STCの植物の育て方 #1

ヤフオクの質問蘭に、
「STCからの苗が届いてすぐに溶けた」
という苦情がありました。
何が溶けたのか、いつごろか、詳しくはわかりませんし、
質問蘭では明確な対応は出来ません。

もうひとつ、輸入後1年ほど育ててから、
しっかり根の張った苗を販売しろという要望でした。
これは理想です。私自身は置き場所も時間もありませんので、
実際には不可能です。
ビジネスにもあまり興味がありません。
興味のある方は連絡ください。
一緒にSTCの植物を扱いませんか?

外交問題で関係が悪化している隣国が元気です。
韓国はFEDEXが植物を扱うこともあって、
徒長がなく、かなりいい状態で届きます。
ロバートさんとはいい感じの信頼関係が築けているとはいえ、
こちらのリクエストがきついと他国に持っていかれてしまいます。
せっかく入った見事な植物が、すぐに海外に出て行くことも極普通です。
一年、または数年後に追いつき追い越され、
安価な輸入増殖苗で日本市場の席捲が予想されます。
市場の変化も早いです。一年後の予測はできません。
手間賃や1年間という時間を考えると高額な商品になってしまいます。

小遣い程度にはなるでしょうが、
STCの植物の栽培に生活をかけるのは危険すぎます。
その上でご連絡をお待ちします。
植物での手間賃お支払いもロバートさんに交渉できます。
ご希望を聞きながら、
まずはルール作りから始めたいと思っています。

次回から本論に入ります。
ロバートさんにも参加してもらうつもりです。
ヤフオクの取引時には私のメアドをお知らせして
アフターサービスや栽培相談も行っています。
そちらも併せてご利用ください。

«  | ホーム |  »

プロフィール

ひろし

Author:ひろし
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
アガベ (8)
ハオルチア (14)
ブルビネ (5)
ラウヒア (2)
レスノバ (1)
マッソニア (4)
トラキアンドラ (2)
アルブカ (8)
エリオスペルマム (17)
ゲチリス (12)
キルタンサス (6)
ブルンスビギア (6)
オキザリス (8)
ストルマリア (1)
ツーリパ (3)
ドリミオプシス (1)
クラッスラ (1)
STCの植物の育て方 (3)
ハエマンサス (5)
オーニソガラム (1)
レデボウリア (1)
パンクラチューム (1)

A

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。