FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリオスペルマム・SP・ケニヤ産

01010003_convert_20130922071115.jpg

ドイツのエキゾチカから数年前に買った植物です。
今までは夏型でした。
今年は発芽しないので、枯れたと思っていたら、
秋になって動いてきました。
先日のA.スピラリスと共に、
成長期がよくわからない植物になっています。

マラソン他の陸上競技で有名なアスリートを出している国です。
高地にあって心肺機能が高いことが挙げられます。
それが高地の植物には当てはまるとは思えません。
今年だけ特別なのかもしれません。

シンメトリーなコーデックスはエリオスペルマムらしくありません。
花を見ていないので、判断はできませんが、
エリオスペルマム属ではないかもしれません。

いわゆる通販です。
息をしているようなもので、特に感慨はありません。
ドイツ人気質といいますか、エキゾチカはビジネス面で信頼できます。
間違いなく送ってくれます。
輸入初心者にはお勧めの業者です。
融通が利きません。
ロバートさんとのような友達付き合いはありえないです。

コックさんからの植物を枯らして、
もう一度育てたかったエリオスペルマム・チタノプソイデスがやっと入ってきます。
実生苗で扱いやすいのですが、仲間内だけ少しだけの注文にするかで迷っています。
ヤフオクの他の人の出品を見ても、
輸入植物は原価ぎりぎりの植物に入札がなかったりしています。
モチベーションが下がります。
人気がハオルチアの園芸品種に偏ってるんですね。
日本人らしいっちゃらしいです。「集団的自営圏」でしょうか。
ヤフオクを見ている人たちも、
このエリオスペルマムを知らない人がほとんどでしょうし、
皆さんも枯らしそうです。
がっかりもいやだし、
恥ずかしい売りあおりだけは避けたいです。

テリーさんからのブルンスビギアの考察は次回お話します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://stcjpn.blog.fc2.com/tb.php/89-b97b6976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ひろし

Author:ひろし
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
アガベ (8)
ハオルチア (14)
ブルビネ (5)
ラウヒア (2)
レスノバ (1)
マッソニア (4)
トラキアンドラ (2)
アルブカ (8)
エリオスペルマム (17)
ゲチリス (12)
キルタンサス (6)
ブルンスビギア (6)
オキザリス (8)
ストルマリア (1)
ツーリパ (3)
ドリミオプシス (1)
クラッスラ (1)
STCの植物の育て方 (3)
ハエマンサス (5)
オーニソガラム (1)
レデボウリア (1)
パンクラチューム (1)

A

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。