FC2ブログ

2018-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリオスペルマム・エリナム

10140004_convert_20131017100049.jpg

私の腕に大熊のタトゥーがあります。
以前は北斗七星の形でホクロが並んでいたのですが、
今ではわかりにくくなってきています。
温泉やプールで注意されたことはありません。

ホクロはメラニン細胞が変化した良性の腫瘍ということで、
特に気にしていません。
ホクロから毛が出ることもあります。
これを残しておくとお金が溜まるとかで、
処理しない人が多いようです。

「チョーキモイ!」
って女子校生から言われそうな葉っぱです。
大きなお世話です。
あなた達がきれいなのも今だけです。
女子校生から嫌われようが、
彼らは生き残るのに必死なんです。

なんでホクロ毛をたくさん葉っぱから出す必要があるのか、
植物の進化の不思議です。虫除けでしょうか。
女子校生もホクロ毛があると悪い虫が寄ってこないかもしれません。

故クライブさんは、
この器官のことをエネーションと呼んでいました。
この種に限れば適切な言葉だと思います。

葉っぱが退化していって、
このエネーションがどんどん大きくなった例がE.パラドクサムで、
これをエネーションと呼んでいいかどうかは迷います。
一方、同じ器官をサイズやバランスが違うだけで、
呼び名を変えるのもどうかと思います。
E.アフィルムの基部にも葉っぱの痕跡のようなものが見られます。
地上部全体がエネーションでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

無題

こんにちは。

かの「A revision of the genus Eriospermum」でも、エリナムの葉の突起を「enation」と呼んでいます。あくまでも、クライブ氏の見解ではないと思います。

アフィルムの場合は、付属器ではなく花茎ではないですか?
他種でも、付属器に花を付けるものはありません。
他種の花茎にも、同様の「葉の痕跡のようなもの」はあったと思います。(花茎だけではなかったような・・・)

ご指摘の通りです。この場でお詫びと訂正をします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://stcjpn.blog.fc2.com/tb.php/94-027a08ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ひろし

Author:ひろし
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
アガベ (8)
ハオルチア (14)
ブルビネ (5)
ラウヒア (2)
レスノバ (1)
マッソニア (4)
トラキアンドラ (2)
アルブカ (8)
エリオスペルマム (17)
ゲチリス (12)
キルタンサス (6)
ブルンスビギア (6)
オキザリス (8)
ストルマリア (1)
ツーリパ (3)
ドリミオプシス (1)
クラッスラ (1)
STCの植物の育て方 (3)
ハエマンサス (5)
オーニソガラム (1)
レデボウリア (1)
パンクラチューム (1)

A

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。