2018-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリオスペルマム・エルンスティー

erio ernstii

うちには床の間がありません。

生活の洋風化で、どこの家庭でも
日本間自体が珍しくなってきています。
その内、死語になるかもしれません。

お金持ちのキンキラじゃないし、
利休が追求した究極の侘しい趣でもありません。
昭和の風情が漂うようなもの、
たとえば縁側とかで足の爪を切ったり、
トイレの脇に南天が植わってたりです。
そんな部屋に何気なく、
小さな床の間があったらと思います。

実際に住んでみると、
暖房や冷房の効率が悪く、騒音もあって
住みくいはずです。
単なるノスタルジーでしょう。
過去には戻れません。

葉っぱに派手な突起のあるエリオスペルマムでワクワクも決して悪くはないです。
何だか、最近はこんな単純な葉っぱにいやされます。
心が和みます。年でしょうか。
アジアンタム・レニフォルメのようです。
こんな植物をお気に入りの焼き物の鉢に植えて、
床の間に飾って、花鳥風月を味わいたいです。
そんな部屋に気心の知れた仲間を呼んで、
鉄板を囲みたいです。

そんなご隠居の道楽にはまだ早そうです。
夢物語です。
他にやるべきことがあります。

キルステンボッシュ植物園の園長さんにちなんで付けられた種です。
その割にはあまり気の利いたコメントが見当たりません。
他に、コノフィツム・エルンスティーは商品的な価値が高く、
新種の記載文を読んだときには大きなショックでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://stcjpn.blog.fc2.com/tb.php/99-9265652e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ひろし

Author:ひろし
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
アガベ (8)
ハオルチア (14)
ブルビネ (5)
ラウヒア (2)
レスノバ (1)
マッソニア (4)
トラキアンドラ (2)
アルブカ (8)
エリオスペルマム (17)
ゲチリス (12)
キルタンサス (6)
ブルンスビギア (6)
オキザリス (8)
ストルマリア (1)
ツーリパ (3)
ドリミオプシス (1)
クラッスラ (1)
STCの植物の育て方 (3)
ハエマンサス (5)
オーニソガラム (1)
レデボウリア (1)
パンクラチューム (1)

A

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。